So-net無料ブログ作成

今年の総選挙は海外グループにも立候補権! [芸能]

AKB48の、6月16日に行われる
第10回選抜総選挙の一部概要が発表!

海外の姉妹グループ在籍者にも立候補権が与えられ
タイトルは「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」となる。

立候補権が与えられるのは、インドネシアのJKT48
タイのBNK48、台湾のTPE48。

また、今回は第10回目を記念しランクインを
従来の80人ではなく、100人とすることも発表された。
23日から立候補の受付が開始される。

この日は、総選挙の投票権が付与される
52ndシングル(5月30日発売、タイトル未定)の
選抜メンバーも合わせて発表。

HKT48・指原莉乃(25)やSKE48・松井珠理奈(21)らの
常連が名を連ねる中、AKB48チーム8の
小栗有以(16)が初センターに抜てきされた。


≪ネットの反応≫
マンネリ打破はわかるけど、だんだん規模がでかくなって
大味なイベントになるのはつまらない。


≪ネットの反応≫
例えば乃木坂から生駒ちゃんが立候補した時には
生駒ちゃん推しでは無い乃木坂ファンは必ずしも
生駒ちゃんの為に投票はしなかったのだが

JKTからメンバーの誰が1人が立候補するとなると
JKTのファンがインドネシアという国の代表としての
そのメンバーに投票する可能性が高い。
イキナリぶっちぎりの1位になる可能性もある。


≪ネットの反応≫
なんか「飽きた」とか「どうでもいい」みたいな意見多いね~
だったら投稿しないで無視すればいいのに。

10年も経てばメンバーもファンも変わっていくのは当たり前。
皆さんの世代も成長して卒業したということでは?

世界選抜おおいに結構、日本発祥のワールドワイドなグループになって
少女たちの手で日本の応援団が広がれば

いつかそれが日本を中心としたアジアの
平和に少しでも貢献できるかもしれないしね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。